2012年8月23日木曜日

Amazon S3上のファイルのExpiresヘッダーを一括編集する

巷にはいろいろ便利ツールがあふれてると思いますが一応。
今回はRubyで aws-s3 を使ってみました。
require 'rubygems'
require 'aws/s3'

AWS::S3::Base.establish_connection!(
  :access_key_id     => '',
  :secret_access_key => ''
)
# 東京リージョンに設定
AWS::S3::DEFAULT_HOST.replace "s3-ap-northeast-1.amazonaws.com"

AWS::S3::Bucket.objects('static.xcream.net').each do |obj|
  if obj.key !~ /\/$/
    obj.store(
      :cache_control => 'max-age=315360000',
      :expires => Time.now + 60*60*24*365*10).httpdate,
      :access => :public_read
    )
  end
end
特にファイルの種類を区別することなく10年後に設定してます。

0 件のコメント:

コメントを投稿